英語にも色々ある「トイレ」の言い方 Toilet? Restroom?

Are there any toilets in this building?

「toilets」と「restroom」の違い

トイレ 英語

 

“Rest room” は、アメリカ英語です。アメリカでは、公共の場では “Restroom” を使うのが品のある言い方とされています。ほとんどのレストラン、バー、空港などの標識は“Rest room”が使われていますね。

“Rest room”は、アメリカだけで使われ、英国やオーストラリアでは意味は理解されますが、馴染みのある言葉ではありません。カナダでも “Rest room”はあまり使われず、 “washroom” という言い方を好むようです。

 

トイレを英語でどう言うか?

 

イギリス英語圏では:

オーストラリアやイギリスでは、トイレの場所を訊く時、知らな人に対してでも、“toilet”を使います。そして、レストラン、バー、空港などの標識には”Toilets” が使われています。

toilets 英語

 

イギリスでは、公共のトイレの場所を聞く時  lavatory という言葉を使っていましたが、最近では、それはフォーマルすぎると考えられています。

というわけでイギリスやオーストラリアで公共トイレを探す時、下記のように訊ねます。

Do you know where the toilet is?”
Do you know where the toilets are?”

 

家のトイレ:

アメリカ、イギリス、オーストラリアでも、家の中にあるトイレは “bathroom” と言います。大抵のトイレはバスルームと同じ空間にあるからです。
しかし、”bathroom” は公共のトイレに対しては使われませんので覚えておきましょう。

 

トイレ スラング

日本語で「トイレ」を意味する言葉がたくさんあるように、英語でもいくつか「トイレ」を表すスラングがあります。

Universal

Gents – males toilet 男性トイレ
Ladies – female toilet 女性トイレ

US

john
can
crapper

UK

loo
bog

AUS

loo
dunny

Dunny

Dunny – 民家の裏庭にある小屋の様な建物の中にあるトイレ。今はあまり見かけません。日本にもこういうトイレ(便所と呼ばれた?)があるのを古い映画で観た事があります。

以上、トイレの色々な言い方についてでした。

どの言語でも、会話のパターンは1つではありません。今回の「トイレ」のように色々な言い方があります。

「名前」にも色々あります。

あなたの英語表現がテキストと違っていても、それは違うパターンであって、間違いではないかもしれませんよ。あまり落ち込まないで下さいね。

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!