第86回 I’m afraid that ~ 残念ながら、申し訳ございませんが、丁寧に断る おもてなし英語フレーズ

何かを断ったりする時に「申し訳ない」という気持ちを込めたい時に I'm afraid that〜は、残念ながら、申し訳ございませんがなど、丁寧に断る使えます。ホテルなどの接客で使われるおもてなし英語フレーズを例文で確認します。

 

I'm afraid that 意味

I'm afraid that は 相手にとって好ましくないことや、相手の要望や期待に添えない事を丁寧に伝える時に使うフレーズです。

「残念ながら~と思う」「申し訳ございませんが」など、何かを丁寧に断る時などにつかいます。接客業でよく使われる表現です。外国人のおもてなしにも覚えておくと役に立つと思います。

 

I’m afraid の 色々な使い方

I’m afraid (that):

  • I’m afraid that I can’t accept this gift.
    恐れ入りますがこちらの贈答品は受け取る事ができません。

I’m afraid to say (that):

  • I’m afraid to say that your application has been rejected.
    申し上げにくいのですが、あなたの申請は却下されました。

I’m afraid so:

  • A: Did he forget to do it?
    B: I’m afraid so.
  • A: 彼はそれをする事を忘れたの?
    B: 残念ながらそうね。

I’m afraid not:

  • A: Will they refund us our money?
    B: I’m afraid not.A: 返金してくれるの?
    B: 残念だけど、無理だ。

 

I’m afraid that ~ 例文

I’m afraid that I won’t be able to join you.
残念ながら、参加する事が出来なさそうなんだ。

I’m afraid that I can’t help you.
申し訳ないですが、私はお力になれません。

I’m afraid that I cannot attend the meeting
残念だけどその会議には出席できないんだ。

I’m afraid that the hotel is fully booked this weekend. We have no free rooms.
申し訳ございませんが、ホテルは今週末は満室となっておりまして、空いてる部屋はございません。

I’m afraid that the sale is over. It ended yesterday.
残念ですが、セールは終了しました。昨日終わったんです。

I’m afraid that things have taken a turn for the worse.
残念ながら、事は悪い方へ向かってしまった。

I’m afraid that we have sold out of all stock.
残念ながら在庫のすべてが売れてしまいました。

I’m afraid that you’ll have to come back tomorrow.
悪いけど、君には明日帰ってきてもらうよ。

I’m afraid that there is nothing we can do about this.
申し訳ございませんが、私共には何もできません。

I’m afraid that we are going to have to let you go.
申し訳ないが、君には会社をやめてもらうつもりだ。

I’m afraid that you’ll have to do it yourself.
申し訳ないけど君自身でやってもらわなければならない。

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!