第55回 Ought to の意味と4つの使い方

Ought to 意味

「ought to」は、ひと言で言えば「~すべきである」「~する義務がある」 「~のはずだ」 という意味ですね。

Ought は、should とよく似た意味の法助動詞とよばれる動詞です。Should よりは使用頻度が低いです。Ought は 通例は to 〜の不定詞を伴います。

例文

You should apologize. > You ought to apologize.
あなたは謝罪すべきです。

ほとんどの場合、should と ought to はどちらも、助言、義務、責任を意味するので、互いに置き換えて使う事が出来ます。

しかし、微妙に意味の違いがあります。それについては別のブログ記事 Should と Ought to 違いを参考にしてください。

ここでは、法助動詞の ought to の4つの使い方を見ていきましょう。

 

Ought to の4つの使い方

1 何が正しい事/行動なのかを述べる時
You ought to pay him back.
あなたは彼にお金を返すべきです。

You ought to say thank you.
あなたはお礼を言うべきです。

 

2 物事が、願望/適当/当然であると述べる時
All children of the world ought to be able to receive an education
世界の全ての子ども達は、教育を受けてしかるべきだ。

Women ought to earn as much as men.
女性達は、男性と同じ稼ぎを得て当然です。

 

3 物事に助言/推奨する時
We ought to be leaving now.
もう出発したほうがいい。

If you are sick all the time, you ought to quit smoking.
いつも調子が悪いなら、タバコをやめるべきです。

 

4 物事が起こる可能性、予期または、おそらく真実であろうことを述べる時
If you started at nine, you ought to be finished by now.
9時に始まったなら、この時間までには終わってるはずだ。

Five hundred dollars ought to be enough money for our weekend trip.
週末の小旅行に5百ドルあれば十分なはずです。

 

Ought to - 文法ポイント

法助動詞は、必要性や可能性を表す助動詞です。英語では、 must, shall, will, should, would, can, could, may, might という単語です。

他の法助動詞と違い、ought は、to を伴って使われます。主語が三人称単数であっても、ought に S はつきません。

Affirmative 肯定文
Ought to は動詞句の中で一番先に置きます。つまり、主語の次で、他の動詞の前。

You ought to do more exercise.
あなたはもっと運動するべきです。

Medicine ought to be free.
薬は無料にするべきだ。

Negative 否定形
否定文を作つ時は、ought と to の間に not を加え ought not to とします。
そしてこの形は oughtn’t to と短くする事ができます。

don’t, doesn’t, didn’t とought to は一緒に使いません。

Ought not ~

You ought not to have said that.
You oughtn’t have said that.
あなたはそれを言うべきではなかった。

また、否定文では、to を省略することもできます。
You ought not have said that.

こんな英語初めて聞いたと思う方もいるでしょう。それもそのはず。なぜなら、実際の会話では、Ought to の否定形はあまり使われないからです。
否定形では、ought not to の代わりに shouldn’t や should not が使われます。

 

Questions 疑問文
疑問文を作る場合、主語と ought を入れ替え疑問文の形にします。do, does, did は使いません。

Ought we to call the police?
警察を呼ぶべきですか?

Ought we to be more concerned about him?
彼の事をもっと心配すべきでしょうか?

注意:

この疑問形もあまり使われません。とてもフォーマルな形となりますが、代わりにshould を使う事が普通です。

ブログ記事 Should と Ought to 違い もチェックしてください。

 

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!