おもてなし英語「お疲れになったでしょう」

今回もおもてなし英語バージョンからです。

おもてなしとは相手の様子や気持ちなどを察することから始まりますね。そんな時に役に立つ「あなたは〜に違いない」という表現を英語で使えるようにしましょう。

 

イメージトレーニング

ニックは10時間のフライト中、全く寝ていないと言っています。あなたはニックに、さぞかし疲れているでしょう、と言いたいと思います。

今回の型は :You must be ~?「 あなたは〜に違いない。」

 

説明

何かを話しているとき、相手の状態•感情などの確実性や必然性を表したい時に使います。

今回のシチュエーションの場合「~にちがいない」という直訳は硬い響きですが、実際は「〜でしょうね」くらいの緩い感じで、日本語のねぎらいの言葉が持つニュアンスと似ているのかもしれません。

何かをある程度確信をもって予測している場合にも must be を使うことがあります。
例えば、空港でニックを迎える時。初対面でもその人物がニックだと確信できている時は
“You must be Nick ”「あなたはニックですよね?」と言います。

 

イメージトレーニングの答え:

“You must be tired.”

 

練習

喉が渇いているでしょうね。
You must be thirsty.

お腹がすいているに決まってるわ。
You must be hungry.

がっかりしたでしょうね。
You must be disappointed.

安心したでしょうね。
You must be relieved.

心配に違いないでしょうね。
You must be anxious.

テスト結果に満足でしょうね。
You must be happy about your test result.

元カレ/カノのことを怒っているに違いない。
You must be angry with your ex.

あなたは子どもを誇りに思っているに違いない。
You must be proud of your children.

そのニュースにショックを受けたに違いない。
You must be shocked by the news.

始めるのが待ちきれないでしょうね。
You must be eager to start.