英会話教材  

How's it going? のオージー流あいさつ

How's it going?

オーストラリアでは、「How's it going?」という挨拶がよく使われています。オーストラリアに来たことのある人なら、多分、聞いたことのある「How's it going?」とはどう言う意味でしょうか?

 

How's it going? 意味

オージーの発音では、「How's going?」と言っているように聞こえ、'it'の部分がとても聞き取りにくいのですが、

この 'it' は 'life'や 'things'を意味していて、

"How is life going?"
"How are things going?"

などを略した言い方です。

つまり、この 「How's it going?」は、「How are you?」という質問と同じ意味で使われる、オーストラリアのスラングなのです。日本語だと「げんき?」という感じでしょうか。親しい間柄の人に使います。

僕もこの表現を毎日、必ず言っています。朝なら「おはよう」、昼なら「こんにちは」、夜なら「今晩は」の代わりに使います。

この "How’s it going?"は、他のあいさつと同じく、会話を始めるための重要な役割を果たしていますが、これもまた、他のあいさつと同じく、本気で相手のことを聞いているわけではなく、自然と口をついて出て来る、社交辞令のようなものです。従って、これに対する返答も、正直に自分の調子を答えることなく、毎回同じようなものになります。

 

How's it going? 返答

いくつか返答の仕方がありますが、オージーがよく使うものは、

"Not bad."や"I’m doing great."

その他のヴァリエーションとして、

Alright.
Pretty good.
Can’t complain.
Good.

などがあります。

これらの言葉の始め、または終わりに、'mate' や ' yeah' を付けると、たちまち、オージー流になります。例えば僕が友人のマイクとする会話は、こんな風に始まります。

Me: G’day Mike, how’s it going?
Mike: Yeah, not bad, mate.

このように、会話の始まりの、決まったやり取りが終わると、本題に入ります。

しかし、人生には、すごくうれしいことがあったり、すごく落ち込んでいたりする時もあります。そんな時は、会話の決まったやり取りではなく、正直にどんな気分で、どうしてそうなのか、と言う所から会話が始まることもあります。

そのような時は、こんな風になります。
Me: G’day Mike, how’s it going?
Mike: Actually… not so good.
Me: Really? What’s up? (What’s wrong?)

または、

Me: G’day Mike, how’s it going?
Mike: Actually… pretty good.
Me: Oh yeah? How come? (Why?)

とかです。

オーストラリアで英語を学んでいる人にとって、現地の人間がどのように話しているかを理解するのは、とても難しいことです。いちばん良いのは、自分でも、オージー流を試してみること。ぜひパブへ行って、VB片手にオージーアクセントでしゃべってみて下さい。

まずは、オージー流あいさつ 「How's it going?」から使ってみて下さい。