ワールドカップ特別編:コロンビア戦に勝利した日本を讃える新聞見出し

今回のポッドキャストはワールドカップ特別編です。海外でもメディアがこぞってコロンビア戦に勝利した日本を称賛しています。その中から、新聞記事の見出しをご紹介し、後半の例文では日本VSコロンビア戦の様子を英語でスピーキング練習してみましょう!

Japan beat Colombia 2-1 to become the first Asian side to beat a South American country at the World Cup

Japan upsets Colombia 2-1 after Carlos Sanchez gets first red card of Russia 2018

Japan defeat Colombia 2-1 after early red card drama

Japan makes history after stunning Colombia error

Japan became the latest side to pull off an upset at the World Cup

 

ポッドキャスト スピーキング例文

Japan beat Colombia 2-1.
日本はコロンビアを2対1で破った。

Colombia were firm favorites.
コロンビアは優勝候補であった。

Colombia got off to the worst possible start.
コロンビアにとって最悪の出だしとなった。

A red card was given to Carlos Sanchez for a handball in the box.
カルロス・サンチェスは、ペナルティーエリア内のハンドでレッドカードをくらった。

Japan dominated the midfield.
日本はミッドフィールドを支配した。

Shinji Kagawa scored from a penalty to give Japan the lead.
香川真司のPKゴールが日本を優勢にした。

Yuya Osako headed the winner for Japan.
大迫勇也がへディングで勝ち越しゴール。

Man of the match was Yuya Osako.
この試合の主役は大迫勇也だった。

Japan lost to Colombia in the World Cup four years ago.
日本は4年前のワールドカップでコロンビアに負けた。

It was sweet revenge for Japan.
日本にとって胸のすく復讐だった。

 

Japan coach Akira Nishino: "Our players were aggressive from the start and that worked very well for us. This is just one win and three points, so we will save our celebration.

西野朗日本監督:選手は出だしから攻撃的で、それがチームにとって良い方向へ働いた。これは1勝、3ポイントを取っただけにすぎないので祝祭はとっておく。