「いただきます」は英語で何と言う?

「いただきます」 は英語で何と言う? と日本人からよくきかれます。皆さんは、「いただきます」に代わる英語はないと聞いて驚いたことがありませんか?

 

いただきます 英語

 

「いただきます」の英語表現について説明します

「いただきます」はとてもいい言葉だと思います。日本の文化のいいところです。

食べ物がここにあることの背景に感謝し、食事を作った人にも感謝をするのはとても大事だと思います。

1つの言葉にこんなに深い意味があり、すばらしい言葉だと思います。

 

いただきます の英語 には決まり文句はない

英語には「いただきます」のような言葉の表現はありません。

欧米では食事の時の習慣に、全員がテーブルにつくまで待ち、食事を始めないというのがあります。

これは食事を準備してくれた人、多くは母親か主催者に感謝の気持ちを表すためにしています。

 

食事をする前に言う英語表現

「いただきます」に代わる英語表現はないといいましたが、外国でもテーブルに座って不躾に食べ始めるわけではありません。
食事を食べ始める前によく言う英語表現もあります。

いただきます 英語

“Let’s eat.” 食べましょう!

“Let’s dig in.” さあ、食べよう!

“This looks great/delicious Mum” ママ、これ美味しそう!

 

いただきます を英語で説明する

ホームステイをしている時などに「いただきます」の気持ちを英語で伝えたい時もあります。

日本語ほどの深い意味を表現できませんが、食事を作ってくれた人に感謝するという意味の「いただきます」に近い英語表現を考えてみました。

 

いただきます に代わる 英語表現

“Thank you for preparing this wonderful meal.”

食事を準備してくれてありがとうございます。

“WOW! You have gone to a lot of trouble. “ (*)

わぁ、こんなにごちそう!ありがとう。

“It smells delicious.”

美味しそうなにおい。

 

これらは食事の前にいつも使われる表現ではありません。たまに、スペシャルな時に使うので、感謝の気持ちが伝わるわけです。

これを言われたホストファミリーや友達はとても喜ぶはずです。

* You have gone to a lot of trouble. は直訳すると、あなたはたくさんの問題を乗り越えた=大変だったでしょう!?のような意味で使われ、

この場合はたくさんごちそうを作ってくれましたね、という感じです。

日本語の「いただきます」の奥深さをひと言で表現できる英語表現は、やはりないのかもしれません。

でも、感謝の気持ちは、言葉以外でも態度などでも示す事ができます。

食事の準備を手伝ったり、片付けをしたりするのも「いただきます」の代わりと言えるのではないでしょうか。

 

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!