日本人がよく間違える英語フレーズ45 - Me too

日本人がどうしても間違えてしまう英語を学ぶラジオドラマ風英会話教材、カンチガイ英語のレッスン45です。サンドイッチ英会話をご購入いただいた方に、このカンチガイ英語の全レッスンを音声ファイル付きでプレゼントしています!ネイティブが発音している自然な英語を聴き、スピーキング練習に役立ててください。

 

イメージトレーニング

彼⽒が欲しいと⾔っていた友⼈けい⼦が、実は結婚していた事を知らされたかおる。 それを聞いたニックは、信じられないと驚いています。かおるは「私も」信じられないと⾔いたいようですが、、、

 

カンチガイ英語

Nick: So Kaoru, does Keiko still want to meet Alan?
Kaoru: Yes, I think so.
Nick: I still can’t believe what you told me about her though.
Kaoru: Yes. Me too.
Nick: Me too?
Kaoru: Yes, Me too. I can’t believe it too.
Nick: Kaoru, I know this is annoying but you should say...“Me neither. I can’t believe it either.” ...

 

今回のミステイク - “Me too.”

 

説明

このミステイクは、ネイティブでもいい間違える事があるくらいですから、間違っても相⼿はわかってくれると思います。しかし、 “Me too”は頻繁に使うので、使い分けがしっかり出来ると英会話が上⼿な印象を与える事ができます。“Me neither”は、相⼿が何かに否定した事に同意をする場合に使います。“Me too”と同じ意味で “So do I”という表現もあります。こちらは、どちらかと⾔うとフォーマルな感じになります。否定の時は “Neither do I”と⾔います。ただし、この⾔い⽅は、過去形 (So did I/Neither did I)との使い分けが必要になりますので注意しましょう。

アッテル英会話

Nick: So Kaoru, does Keiko still want to meet Alan?
Kaoru: Yes, I think so.
Nick: I still can’t believe what you told me about her.
Kaoru: Yes. Me neither.
Nick: Does her husband know she is here in Australia?
Kaoru: No, he doesn’t.
Nick: So, why did she leave him?
Kaoru: Well, that’s a long story.

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!