日本人がよく間違える英語フレーズ15- Sorry for your waiting

日本人がどうしても間違えてしまう英語を学ぶラジオドラマ風英会話教材、カンチガイ英語のレッスン15です。サンドイッチ英会話をご購入いただいた方に、このカンチガイ英語の全レッスンを音声ファイル付きでプレゼントしています!ネイティブが発音している自然な英語を聴き、スピーキング練習に役立ててください。

 

イメージトレーニング

パーティーに来ている⼆⼈。そろそろ帰る時間です。⾞に乗る前にお⼿洗いに⾏きたいと思ったかおるは、ニックに⾞で待つように⾔いました。ニックをずいぶん待たせてしまったかおるは、「待たせてごめん」と⾔いたいようですが、、、

 

カンチガイ英語

Nick: Shall we get going soon?
Kaoru: Ok, but I need to go to the toilet. Can you wait in the car?
Nick: All right. I’ll see you there.
Nick: Where is Kaoru? It’s been twenty minutes. What took you so long?
Kaoru: There was a long queue. I’m sorry for your waiting.
Nick: I’m sorry for your waiting?
Kaoru: Yeah, I’m sorry for your waiting.
Nick: You mean...“I’m sorry to have kept you waiting.”...

今回のミステイク
“I’m sorry for your waiting.”

 

説明

‘Sorry for~’は「気の毒に思います」という意味になってしまいます。何かを謝る時は ‘Sorry to~’を使います。‘Keep’を使うのは、同じ状態が続いているからです。今回の場合「待つ」状態が続いています。この ‘Keep’を活⽤して、微妙な違いを⾔い分けることができます。

相⼿を引き続き待たせるような状況の時は “I’m sorry to keep you waiting.”
もう待たせなくてすむ状況の時は “I’m sorry, I kept you waiting.”
どちらの状況にも使えるのが “I'm sorry to have kept you waiting.” (どちらかと⾔うとフォーマルな表現)
または、“I'm sorry, I kept you waiting.” (カジュアルな表現)

 

アッテル英会話

Nick: Shall we get going?
Kaoru: Ok, but I need to go to the toilet. Can you wait in the car?
Nick: All right. I’ll see you there.
Nick: Where is she? It’s been twenty minutes. What took you so long?
Kaoru: There was a long queue. I’m sorry to have kept you waiting.
Nick: That’s all right. Ready to go?
Kaoru: Yes, Nick. Let’s go home.

サンドイッチ英会話教材やる気まんまんセット

- サンドイッチ英会話

- おもてなし英語シリーズ

- Speaking Up 英会話

- カンチガイ英語

- Answers & Questions

5教材全てをまとめて購入できる「やる気まんまんセット」は、合計20時間以上ものオーディオコンテンツが割安で楽しめる非常にお得なセットです