日本人がよく勘違いする フレーズ 10 - Can you bring them?

イメージトレーニング

夕⻝の後、ニックは怪我をしたお兄さんの所へ様⼦を⾒に⾏ってくると⾔っています。かおるはお兄さんに貸すつもりだった本の事を思い出し、その本を「持って⾏って」と頼みたいようですが、、、

 

カンチガイ英語

Nick: Kaoru, I’m going to my brother’s to check that he is Ok.
Kaoru: Ok. Oh! Can you do me a favour?
Nick: Sure.
Kaoru: See those books on the coffee table?
Nick: Yes.
Kaoru: Can you bring them to your brother’s house?
Nick: Bring them to my brother’s house?
Kaoru: Yes, he wants to borrow them. So can you bring them?
Nick: Ah. you mean... “Can I take them.”...

今回のミステイク
“Can you bring them?”

 

説明

これは「持って来る」と「持って⾏く」の違いです。こう覚えましょう。“You bring things here, and take things there.”つまり何かを⾃分のいる所へ持って来る場合は ‘Bring’、何かをどこかへ持って⾏く場合は‘Take’を使います。かおるはニックがこれから⾏く兄の家へ本を持って⾏ってほしいので、この場合‘Take’が適切です。
例外として未来の出来事を話していて、どの場所にも対象となる⼈物がいない時は、どちらを使っても間違いではありません。あなたをどの場所に置いて、何を強調したいかで、どちらを使うかが変わってきます。

例⽂
1.Let’s take the kids to the park this weekend for a picnic.
2.That’s a good idea.We should bring a bottle of wine. (takeでも可)
3.Can you bring me some water, please?

 

アッテル英会話

Nick: Kaoru, I’m just going to my brother’s to check that he is ok.
Kaoru: Ok. Oh! Can you do me a favour?
Nick: Sure.
Kaoru: See those books on the coffee table?
Nick: Yes.
Kaoru: Can you take them to your brother’s house?
Nick: These books on origami?
Kaoru: Yes.
Nick: Why does he want books on origami?
Kaoru: He said he wants to learn.

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!