I should have~.「すべきだった」後悔を表す英語表現 例文

「持って来ればよかった」「買っておけばよかった」など、するべきことをしておかなかったことに後悔することは誰にでもあります。会話でよく使うのに、英語でどう言うか知らなかった、 I should have~.「すべきだった」と後悔を表す英語表現を例文で学びます。

このレッスンはサンドイッチ英会話 中級レベルのサンプルレッスンです。

サンドイッチのパンに具を挟む要領で、基本構文(パン)に、言いたいこと(お好みの具)を瞬時に挟めるようにトーレーニングする画期的な英会話教材。どんな状況でも臨機応変に対応できる本当の会話能力をマスターできる英会話教材、それがサンドイッチ英会話です!

正規版では音声ファイルでネイティブが発音している例文を聴き、練習することができます。

イメージトレーニング

あなたはたくさんの人と話をし、素敵な夕食の時間を過ごしました。また自分の英語の能力を考えずに気軽に話せるよい機会でもありました。あなたはみんなで写真を撮りたいと思いましたが、カメラを持っていません。みんなにカメラを持っていないかどうか訊いて回りましたが誰も持っていません。
そこであなたは友人にこう言います。

「カメラを持ってくるべきだった」

 

I should have~. ポイント説明

今回のサンドイッチのパンは I should have~.「〜しておけばよかった」
I should は「私は〜するべき」という意味でその後に have と動詞の過去分詞形が続きます。するべきことをしておかなかったことに後悔する表現になります。

それではイメージトレーニングの答えを聞いてみましょう。

I should have brought my camera.

I should have~.のパンを使って色々なサンドイッチの作り方を例文を聴きながら発音して覚えましょう。

I should have~.エクササイズ 例文

もっとたくさんの人に来てもらうように頼んでおけばよかった。
I should have more people to come.

私たちが支払う前に確認しておけばよかった。
We should have checked before we paid.

先生に教えておけばよかった。
I should have told my teacher.

私たちは許可をしてもらうべきだった。
We should have asked for permission.

もっと前に始めておくべきだった。
I should have started this a long time ago.

あなたはそれを考えておくべきだった。
You should have thought about it.

私たちはその説明書をきちんと読んでおくべきだった。
We should have read the instructions properly.

もっと注意するべきだった。
I should have been more careful.

助けを求めるべきだった。
I should have asked for help.

謝るべきだった。
I should have apologized.

この表現があまり知られていないのは、 I should've の部分が短く、とても早く発音されるので聞き取にくいのが理由にあります。さらに、皆さんの苦手な完了形なので、どうしても使うのを避ける傾向にあります。それでも「すべきだった」と言いたい状況は頻繁にあるので覚えておくと役立つと思います。発音は無理しなくても I should have〜と言えば大丈夫ですよ。

こちらもチェック!

「しておけばよかった」という後悔を表す英会話フレーズ

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!