Face the music 意味を推測できないイディオム

Face the music と聞いてどんな意味を推測するでしょうか?何だか楽しそうな感じもしますが、このイディオムの意味は、自分のした悪行に対する責任を受け入れ、どんな罰もうけるという少々深刻なニュアンスがあります。

 

Face the music 意味

困難、不愉快な状況に直面すること、自分で招いた不愉快な事態を受け入れること
「報いを受ける」「誤りを認める」「(悪い)結果を潔く受け入れる」

 

Face the music の例文

If you have done something wrong, you have to face the music. There’s no running away from it.
もし君が何か間違ったことをしてしまったなら、報い受けなければならない。逃げられないんだから。

After failing the maths exam, Tom had to go home and face the music.
試験が不合格だったトムは、家に帰って報いを受けなければならなかった。

 

会話

CRASH!

A: What was that?
B: I accidentally broke Dad’s guitar.

A: Accidentally? How?
B: I was swinging it around, and it slipped from my hands.

A:Your father will be furious about this. You better be ready to face the music when he gets home.
B: Yeah, he’ll probably ground me for year.

ガシャン!

A: 何事?
B: お父さんのギターを偶然壊しちゃった。

A: 偶然?どうやって?
B: 振り回してたら、手からすべっちゃって。

A: お父さん、怒るだろうね。帰ってきたら報いを受ける準備しといたほうがいいよ。
B: ああ、きっと一年は謹させられるな。

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!