英語で挨拶(あいさつ)表現完全ガイドレッスン

英語の挨拶

英語の会話は必ず挨拶(あいさつ)から始まります。挨拶(あいさつ)が出来なければ会話はできないと言ってもいいくらい非常に重要です。挨拶がきちんと出来ないと相手に不快な思いをさせることも多々あるので、しっかりマスターしましょう。

挨拶には大きく分けて2通りのパターンがあります。それにより答え方が異なります!パターン1とパターン2に分けて説明します。

 

英語の挨拶 パターン1

「元気ですか」「調子はどうですか」などの一般的な挨拶表現です。いくつかの表現がありますので、どれを言われても答えられるようにしておくとよいでしょう。

How are you?
How are you doing?
How are you today?
How have you been?
How’s it going?(How is it going?)
How’s it been going?(How has it been going?)
How’s life?
How’s life treating you?

 

▼調子が良い場合の返事

Pretty good.  = いいですよ
Not bad. = まあいいよ
Couldn’t be better. = とても元気
Fine. = いいですよ
I’m OK. = 大丈夫ですよ
So so. = まあまあですね
Not too bad. = まあいいよ
Pretty good actually. = 元気と言えば元気
Great. = すごくいいよ
Same as usual. =相変わらず

 

▼調子が悪い場合の返事

Not so good. =あまり良くないです
Could be better. =良くないです
Pretty bad, actually. =悪いです

☆この場合は相手が以下のように理由を尋ねてきます。
Why? どうして?
What’s wrong? どうしたの?

調子が良くないと答えると、ほぼ100%このように聞かれます。なぜ調子が悪いのか答えられるように準備をしておいた上で言ったほうが良いでしょう。

⇒この質問に対する受け答えの例
I lost my wallet. 財布を無くした。
I had car accident yesterday. 昨日車で事故をした。
I have a cold. 風邪をひいている。
I have to work this weekend. 週末働かないといけない。

 

英語の挨拶 パターン2

「何かあった?」「何か良いことあった?」などの意味が含まれたあいさつ表現です。答え方がパターン1と異なりますので気をつけましょう

What’s up?    最近どう?
What’s new?
What’s happening?

 

▼特別な事が無い場合の返事

Nothing much.
Nothing new.
Not much.
Nothing special.

 

▼特別な事がある場合の例文

I saw a good movie last night. 昨夜いい映画を観たんだ。
I’m going to Hawaii next week. 来週ハワイに行くんだ。
My brother got married last week. 先週兄(弟)が結婚したんだ。
I got a new job. 仕事を変わったんだ。
I got a new car. 新しい車を買ったんだ。
My wife is bothering me. 妻がうるさいんだ。
I’ve been pretty busy. 最近とても忙しかった。

※What’s happening?には挨拶以外に「どうかした?」「どうなってるの?」「どうなるの?」「何するの?」という意味で使われます。挨拶のつもりでも言い方によって意味を取り違えられるので気をつけましょう。

 

■久しぶりに会った場合

Long time no see. 久しぶり
Yes. How are you? そうだね。元気? (続きはパターン1と同じ)

※気をつける点

あいさつ表現を丸暗記して、たとえ外国人に英語で話すことができても、会話が続かなければお互い残念です。英語の文章を丸暗記しただけでは本物の会話はできません。会話をスムーズにするためには言いたいことを一瞬で英文にして話せなければなりません。

 

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!