Another と Other の違い

Another と other の違い、使い分けについて学びましょう。

Another と other の使い分けルール

Another + 単数名詞
Other + 複数形名詞

Others は、 Other + 複数形名詞の代わりにできる代名詞です。

例文

I need another plate. (plate is singular so we use another)
別のお皿が(もう一枚)必要です。(お皿は単数なのでanother を使います)

I need the other plates. (plate is plural so we use other)
他のお皿が(何枚か)必要です。(ここではお皿が複数なのでother を使います)

I need the others. (refers to other plates)
他の物が必要です。(示唆しているお皿とは別の何枚かのお皿)

 

Another 意味

もう1つの、追加の1つ、さらに1つの、別の1つ、代わりの1つ

Another + singular countable noun / a pronoun

Another は、数えられる単数名詞または代名詞の前に来る限定詞(又は修飾詞)です。

例文

He has bought another guitar.
彼はもう1つギターを買った。

Would you like another cup of tea?
もう一杯お茶をいかがですか?

Don’t worry about the rain. We can go another day.
雨のことは心配しないで。別の日に行けばいいから。

I think you should paint it another color.
別の色で塗った方がいいと思うな。

We are having another baby.
もう一人子どもが生まれるの。

 

Just Another Magic Monday!

another 意味

 

Another + One

前文で Another が修飾する名詞が何のことか明確である時は、この名詞を one に置き替えて言う事ができます。

例文

I have already eaten two hotdogs though now I want another one. (= an additional hotdog)
もう2つもホットドッグを食べたけど、もう1つ欲しいな。(追加のホットドッグ1つ)

会話例

A: You can borrow more of these books if you like.
B: Ok, I’ll take another one. (= another book, one more book)

A: もし君がそうしたいなら、これらの本をもっと借りてもいいよ。
B: じゃあ、もう一冊借りるわ。

 

代名詞として使う another

Another は、代名詞として使われることもあります。

例文

That piece of cake was delicious. I think I’ll have another. (another = one more piece of cake)
あのケーキ美味しかったわ。もう1つ食べようかしら。

I don’t like this room. Let’s ask for another. (another = another room)
この部屋は気に入らないな。別の部屋をお願いしてみようよ。

Note: you can also say: “I think I’ll have another one.” and “Let’s ask for another one.”

 

Another + number + plural noun

Another + 数字 (couple of, a fewなど)+複数名詞 というパターンでも使えます。

例文

In another 10 years and I’ll be retired.
あと10年で定年の予定です。

I like Kyoto so much that I’m going to spend another three days here.
京都をとても気に入ったから、もう3日ここで過ごすことにします。

We need another three participants before we can begin this social experiment.
この社会的実験を始める前に、もう3人参加者が必要です。

He was given another couple of months to finish his thesis.
彼は論文を終えるために、あと2、3ヶ月与えられた。

Remember another is ONE word not two words (an other is incorrect)
注意:another は1つの単語です。2つの単語(an other)ではないので注意しましょう。

 

Other を使う時

Otherは、複数可算名詞、不可算名詞、代名詞の前に置く限定名詞です。

 

Other + Plural Countable Noun

Other は、数えられる名詞の複数形の前に使います。

例文

We have other styles if you are interested.
もし興味をお持ちでしたら、別のスタイルもございますよ。

Have you got any other cakes, or are these the only ones?
別のケーキあります?それともこの種類だけしかないの?

Some days are sunny though other days can be very rainy.
晴れる日もあるけど、すごく雨が降る日もあります。

I have invited some other people. They’ll be here shortly.
他の人達も何人か招待したんだ。その人達、もうすぐ到着する予定だよ。

I can’t help you because I’m busy with other things.
他の事で色々忙しいから手伝えないわ。

 

Other + Ones

前文で other が修飾する名詞が何のことか明確である時は、この名詞を one に置き替えて言う事ができます。

例文

We don’t need those books, we need other ones. (= different books)
これらの本は必要ありません。別の(本)が必要です。

会話例

A: You can borrow my books if you like.
B: Thanks, but I need other ones. (= other books)

A: よければ僕の本を借してあげるよ。
B: ありがとう、でも別の(本)が必要なの。

代わりとなる別の物という意味で other one を使うことができます。

例文

I don’t want this one, I want the other one.
これじゃなくて、別のが欲しい。

Others as a pronoun 代名詞として使う others

Others は、other ones や other + 単数名詞 の代わりにできます。
Others は、代名詞としての使い方しかできません。

例文

I don’t like these postcards. Let’s ask for others. (others = other postcards)
これらの葉書は気に入らないな。他の(葉書)があるか聞いてみよう。

Some of the guests arrived on Monday. Others arrived the following day.
何人かのゲストは月曜に到着しました。他(のゲスト)は次の日に到着しました。

 

Others・ the others

(the) others は、「他の人達」という意味でよく使われます。

例文

He has no interest in helping others. (= in helping other people)
彼は他の人を手伝う気が全くない。
What are the others doing tonight?
他の人達は今夜何してるの?

 

Other と others の違い

Other は、名詞か代名詞の前に使います。
Others は、代名詞なので、名詞の前には使いません。

例文

These shoes are too small. Do you have any other shoes?
These shoes are too small. Do you have any others? (no noun after others)

この靴は小さすぎます。他の靴ありますか?

 

サンドイッチ英会話

一瞬で英語を組み立てて発音!
スピーキングを鍛える教材。
同時にリスニングも上達。
すぐ話せます!