ought to

第55回 Ought to の意味と4つの使い方

Ought は、should とよく似た意味の法助動詞とよばれる動詞です。should よりは使用頻度が低いです。Ought は 通例は to 〜の不定詞を伴います。ほとんどの場合、should と ought to はどちらも、助言、義務、責任を意味するので、互いに置き換えて使う事が出来ます。